30万円を即日で借りる方法を徹底解説!

30万円を即日で借りる方法を徹底解説!

30万円の借入と考えると、普通のサラリーマンの方のお給料よりも多くてかなり大事のように思えてしまいますよね。しかも借入は問題ないとしても、考えるべきは返済方法。もちろんお金を借りるには金利がつきもので、特に30万という金額であれば、返済に時間がかかってしまうだろうと思います。また、30万円を一気に即日借入したいと思っている場合に、そんなことできるのか?という疑問もありますよね。ここでは、消費者金融・銀行カードローン・クレジットカードキャッシングの3つの金融機関での金利や即日借入可能かどうかを調べてみたので、いま30万円が即日必要で困っているという方はぜひチェックしてみてください。

 

30万円を即日で借りる方法【目次】

 

 

消費者金融で30万円を即日で借りる方法

消費者金融といえば、よくテレビCMなんかで見かけますよね。こういった消費者金融は大体5~10万円くらいの小さな金額しか借りることができないというイメージを持った方がたくさんいます。ですが、実は限度額は最高800万円とかなり大きい金額を借入することができます。もちろん、状況によって変わるのですが、今回の30万円という金額ならほとんどの人が問題なく借入できるのではないかと思います。そこで気になるのが、金利はもちろん即日借入が可能かどうか。そんなお金を借りるときの気になることをチェックしてみました。

 

30万円を即日で借りれる消費者金融BEST3の比較表

 

金利

即日借入(平日)

即日借入(休日)

アコム

3.0%~18.0%

アイフル

4.5%~18.0%(年率)

モビット

3.0%~18.0%(年率)

30万円の即日借入ならアコムがオススメ!!

消費者金融はどこで借りても同じ・・・なんてことはありません!!即日で借入をするならダントツでアコムがオススメです。というのも、アコムは比較している3社の中で一番充実しており、即日借入可能な体制を整えているからです。まず24時間ネットでの受付をしており、最短30分で審査回答を出してもらうことができます。しかもそれだけでなく、アコムには自動契約機があるので「ネットで申込なんてゆっくりしていられない!!」という方はその自動契約機で直接申込むことができます。自動契約機の場合はその場でカード発行してもらうことができるので、即日借入も可能になるということです。ただし受付時間は8:00~22:00までなので、注意が必要です。

 

30日間金利0円サービスはアコムとアイフルだけ!!

モビットにはないのですが、アコムとアイフルには「30日間金利0円」のサービスがあります。アコムとアイフルで少し違うのは、アイフルは「最大30日間」ということと、借入をした日からの日数であるということ。アコムの場合は「30日間」で契約をした次の日からということになります。どちらもメリット・デメリットになりうる部分があります。ですが30万円となると返済が長引く可能性があるので、そういった意味では少しでも金利を抑えることができるのであれば嬉しいサービスですよね。

 

 

30万円を即日で借りるのにおすすめの消費者金融ランキング

 

アコムの特徴

アコムは30日間金利0円サービスがある消費者金融です。また、自動契約機を使えば即日カード発行と借入が可能となっています。ネットやATMでいつでも借入・返済が可能となので、思い立った時に利用できるというメリットもあります。とにかくお得に即日借入するならアコムはオススメできる消費者金融です。

金利 3.0%~18.0%
評価 評価5
備考 即日カード発行・借入可能
 

 

 

アイフルの特徴

アイフルはアコムとよく似ており「最大」30日間の金利0円サービスがある消費者金融です。最大、ということなのでもう少し日数が短くなる可能性もあります。ネット・電話・来店のどれかで申込が可能となっており、ネットの場合は自宅に郵送物が送られてきます。ただし誰にも知られずに受け取るサービスもあるので周りにバレにくいというメリットもあります。

金利 4.5%~18.0%(年率)
評価
備考 ネット・電話・来店で申込が可能
 

 

 

モビットの特徴

モビットには金利に関してのサービスはありませんが、WEB完結で申込を済ますことができます。周りには一切バレたくないという方には嬉しいサービスです。ネットで指定の銀行口座へお金を振り込んでもらうことも可能です。顧客満足度1位の消費者金融でもあります。ただし即日の借入は難しいようなので注意が必要です。

金利 3.0%~18.0%(年率)
評価
備考 WEB完結可能
 

 

銀行カードローンで30万円を即日で借りる方法

銀行カードローンは簡単にいえば銀行からの借入なので、難しいと考える方もいるようですが、そうでもないようです。ただし指定の銀行口座を持っている必要があるので、消費者金融と比べると手間が多く、また即日が難しいというのも事実。ここでは金利や即日借入可能かどうかについてチェックしてみました。

 

30万円を即日で借りれる銀行カードローンBEST3の比較表

 

金利

即日借入(平日)

即日借入(休日)

みずほ銀行

3.5~14.0%(年率)

ソニー銀行

2.5~13.8%(年率)

ジャパンネット銀行

2.5~18%(年率)

ジャパンネット銀行とみずほは口座開設と共に申込OK!!

銀行カードローンはあらかじめ口座を持っている必要があり、口座が開設できたあとにカードローンの申込となるのですが、ジャパンネット銀行とみずほ銀行はは同時進行で行うことができます。もちろん口座開設とカードを受け取るまで借入はできませんが、他とは違い同時に行えるので余計な手間は省けるかと思います。

 

ソニー銀行は初回のみ指定の口座へ振込可能!!

銀行カードローンのデメリットはあらかじめ使用するカードローンの銀行口座を持っていなければならないということ。持っていなければ口座の開設から始めなければいけないので、即日は不可能となってしまいます。ですがソニー銀行の場合、口座を持っていなくても、初回のみ指定した口座にお金を振り込んでもらうことができます。もちろんそれ以降はソニー銀行の口座であることが条件のようですが、はじめだけでもこういったサービスがあると有難いですよね。もちろん、申込をした時間帯等によっては即日の借入はできない可能性もあるので、注意が必要です。

 

30万円を即日で借りるのにおすすめの銀行カードローンランキング

 

ソニー銀行の特徴

ソニー銀行のカードローンは初回のみ、指定の口座に振り込んでもらうことができます。24時間いつでもネット上で申込できるのも便利です。また月々2,000円からの返済が可能なので無理なく返すことができます。ただし返済が長引けば長引くほど金利もかかってしまうので注意が必要です。

金利 2.5~13.8%(年率)
評価 評価4.5
備考 初回のみ指定の口座へ振込可能
 
 

ジャパンネットの特徴

ジャパンネット銀行は名前の通りネット完結で申込可能な銀行です。カードローンの申込にはジャパンネット銀行の普通預金口座が必要なのですが、30日間無利息サービスを行っている銀行でもあります。口座の開設からはじまり借り入れまでに時間はかかりますがこういったサービスを利用したいのであればオススメです。

金利 2.5~18%(年率)
評価 評価4
備考 30日間無利息サービスあり
 

 

 

みずほ銀行の特徴

みずほ銀行はすでにキャッシュカードを持っている人であれば、カードローンの口座開設後、すぐに使用することができます。WEB完結申し込みが可能で、最短で即日利用が可能です。ただし申込の時間帯によっては、即日借入が不可能な場合もあるので注意が必要です。

金利 3.5~14.0%(年率)
評価 評価3
備考 キャッシュカードを持っていれば口座開設後すぐに利用可
 

 

 

クレジットカードのキャッシングで30万円を即日で借りる方法

クレジットカードのキャッシュカードはほとんどの会社で金利が18%と高めなのですが、すでにカードを持っており、キャッシングの手続きをすでに終えていれば即日利用することができます。すぐに借りれることはメリットでもありますが30万円の借入で18%の金利というと、返済が大変なのも事実です。ここではそんな気になる金利と即日キャッシングが可能かどうかについて調べてみました。

 

30万円を即日で借りれるクレジットカードのキャッシングBEST3の比較表

 

金利

即日借入(平日)

即日借入(休日)

ACマスターカード

10.0~14.6%(年率)

セディナカード

18.0%(年率)

エポスカード

18.0%(年率)

ACマスターカード以外の2つは金利18%!!

当サイトで紹介しているセディナカードとエポスカードはどちらも金利18%と高めの設定です。もちろんクレジットカードを持っていれば即日のキャッシングができるという点ではメリットですが、30万円の借り入れとなると返済に時間がかかりますし、金利が18%の場合、少しもったいないような気もしますね。またキャッシングする場合は事前の登録が必要なので、思い立ってすぐにキャッシング!!というわけにもいかないようです。そういった意味ではもう少し金利の安い消費者金融や銀行カードローンを利用するのが良いかもしれません。また、キャッシング利用可能枠分の金額しか借りることができないので、そちらもチェックしておく必要がありそうです。

 

ACマスターカードは金利が10~14.6%で即日発行可能!!

ACマスターカードは他の2種類のクレジットカードと比べると、金利が少し低く設定されています。どうしてもキャッシングが良くて金利が安く・・・だとACマスターカードが良いかもしれません。さらにクレジットカードであるにも関わらず、最短で即日発行可能で、すぐに利用することができるのでとても便利です。さらに海外でも使用できるマスターカードになっているので、急に海外に行かなければいけないときにも安心です。利用可能額は10~300万円となっているので30万円のキャッシングでも安心ですね。

 

30万円を即日で借りるのにおすすめのクレジットカードキャッシングランキング

 

ACマスターカードの特徴

利用可能額が10~300万円となっているので30万円のキャッシングにも安心です。また即日発行が可能なクレジットカードでもあるので、すぐにクレジットカードが必要だけど持っていないという方には特にオススメです。金利も他の2社と比べると低めの設定なので、まだ返済にも困ることはないのではないかと思います。

金利 10.0~14.6%
評価 評価5
備考 利用可能額10~300万円
 

 

 

セディナカードの特徴

セディナカードは11時までの入会で当日中に振込をしてくれるサービスがあるクレジットカード会社です。また、インターネットで振込キャッシングをすることもできます。よゆう払いという返済方法もあり、お金に余裕ができたときに早めに返済をし、節約することもできます。さらに7日間だけではありますが、金利0円サービスもあります。

金利 18.0%(年率)
評価 評価5
備考 返済方法によゆう払いあり
 

 

 

エポスカードの特徴

エポスカードは金利18%と高めなのですが、最大30日間金利0円のサービスがあるクレジットカード会社でもあります。返済方法は一括払いとリボ払いがありますが、30万円の借入となるとリボ払いの方が返済しやすいですね。あらかじめカードを持っている必要があり、利用可能額も申込内容やカードの使用履歴によって変わるので、事前にチェックが必要です。

金利 18.0%(年率)
評価 評価5
備考 最大30日間金利0円
 

 

学生なのですがやはりアルバイトをしていても30万円の即日借入は難しいでしょうか?

アルバイトやパートをしていて毎月一定の収入がある場合は、借入をできる金融機関はいくつかあります。ですが、まずは審査を受けてみないとわからないというのが事実です。
正直、クレジットカードのキャッシングや銀行カードローンは借りにくいかな・・・というイメージです。キャッシングの場合は利用可能額というものがあり、学生だと10万円くらいかもしれないので30万円の借入は期待できないでしょう。銀行カードローンなんかもアルバイトやパートの方は借入できない可能性が高いです。そのため、消費者金融が一番借りやすいかな・・・という気がします。
まずは身近な家族などに相談してみるのも良いかもしれませんよ。

 

30万円を即日で借りる方法:Q&A

即日30万必要なのですが、利用可能額が10万円です。30万円にすることは可能でしょうか

利用可能額に関しては金融機関の判断なので、なんとも言えませんがクレジットカードのキャッシングの場合だと、ネットでの申込で枠を広げることは可能だと思います。消費者金融や銀行カードローンに関しても借入額を決めてから、返済回数を決める形なので問題はないと思います。

 

30万円を一括で返済してしまいたいと考えているのですが可能ですか?

はやい返済であれば、問題ないと思います。また、早くに返済できたことで次回もし借りる機会があるならそのときは借入可能額が大きくなっている場合もあります。返済が早くなるに越したことはありません。

 

30万円借りるなら消費者金融がおすすめ

もしも、今すぐに30万円が必要という場合には、消費者金融のキャッシングや銀行カードローンなど、さまざまな業者を利用することができますが、どちらで借りる方が良いのでしょうか?もしも、融資を急いでいて、即日でお金を借りる必要があるのでしたら、やはり消費者金融で借りるのがおすすめです。消費者金融であれば、最短30分で審査結果を連絡してくれますし、即日融資が可能です。公式サイトのインターネットから申し込みをして、その後で、専用のフリーダイヤルに「とにかく融資を急いでほしい」との旨を伝えておけば、優先度をアップして審査をしてもらうこともできます。

とにかく、消費者金融のウリは「スピーディな対応」、「即日融資」ですから、これに敵うところはないでしょう。30万円を借りることはとても簡単なことですが、お金を借りれば、当然、返すことも考えておかなければなりません。消費者金融で30万円を借りるとなると、金利が高いのでは?と思われるかもしれませんよね。しかし、大手の消費者金融のほとんどは、初めて利用される場合であれば、30日間無利息で融資をしてもらうこともできますので、結果的には銀行で借りるよりもお得なのです。30万円を消費者金融で借りる場合には、平均18%の金利が掛かってきます。30日間借りた場合には、その利息は4,438円になります。

一方、銀行カードローンで借りた場合の金利は14%前後となりますので、30日間借りた場合の利息は3,452円です。その差はわずか986円です。大した金額の違いはありませんので、やはり消費者金融で申し込む方がおすすめです。もちろん、「30日間無利息期間」サービスを利用するのであれば、1円も利息を支払う必要はありませんから、スピーディに融資をしてもらえるうえに、金利も不要と至れり尽くせりです。また、このサービスは、「必ず30日以内に30万円を返しなさい」ということではありませんので、3か月後であろうと、4か月後に返そうが問題はありません。

いつ返したとしても、30日間分の利息4,438円は請求されないということです。少しでも早く、30万円を借りたいというのであれば、消費者金融に申し込みをしましょう。申し込み方法は、公式サイトの「申し込み」から申し込みフォームに進み、必要事項を入力して、送信するだけで申し込みが完了します。30分前後で担当者から審査結果の連絡がありますので、その後は、指示に従って契約手続きを進めていきます。

 

少しでも楽に返せる方法とは?

30万円を借りるとなると、ボーナスや臨時収入などの纏まったお金でも入らない限りは、一括での返すことは難しいのではないでしょうか。もちろん、先の見通しが立っていて「30日間無利息期間」サービスを利用できれば、1円も利息を支払う必要がありませんので、最も低コストです。しかし、何度か回数を分けて返したいという場合には、銀行系カードローンで受けられるサービス「5万円まで180日間無利息」サービスを利用しましょう。もちろん、こちらも初めて利用される方のみが対象となっていますが、30万円を借りても、そのうちの5万円は180日間無利息ということになります。

つまり、あなたが支払う利息は180日間(約半年間)は25万円分のみということになります。最終的に返す金額は圧倒的に少なくなりますので、初めての利用の場合には利用しない手はありません。しかし、そのようなサービスが利用できないという場合には、ご自身のライフスタイルに合わせた返し方を選ぶよりほかありません。最近は、ほとんどのカードがリボルビング払いを採用していますので、その中でもご自身が返しやすい方法を選びましょう。例えば、毎月、金融機関の指定日に借入残高が確定されて、カード借入残高に利息を加えた額に対して指定した割合で支払いをする「元金定率リボルビング」では、月々に返す金額を抑えることはできますが、ある時期に繰上げ返済をする予定がある方におすすめの返し方です。

また、毎月5,000円や1万円などの一定額を返す「元利定額リボルビング 」 であれば、手数料を支払い額に含めて支払うことになるので、月々に金銭的な余裕がないという場合には、おすすめの返し方になります。毎月の借入残高が10万円なら5,000円、20万円なら1万円を返済するなど、借入残高に応じて返す金額が変わる「残高スライド元利定額リボルビング」は、定額リボルビングと定率リボルビングのシステムを合体させた支払い方になりますが、比較的、月々に返す金額が少ないため、生活に支障をきたす心配がありません。

そのほかにも、毎月一定額の元金と1ヶ月分の利息を返していく「元金定額リボルビング」や、初回の利用から最終まで、元金と利息が一定額の「元利均等残高スライドリボルビング」は、現在、最も多く利用されている返し方になります。このように同じ30万円を借りた場合でも、ライフスタイルに合わせてさまざまな返し方があります。各業者の商品案内の詳細ページに、その業者が採用している返済方法が記載されていますので、それらも確認のうえ検討しましょう。